« [ド] コラテラル 真実の行方 | トップページ | [ド] このサイテーな世界の終わり »

2021年1月21日 (木)

[ド] ラグナロク

 Netflixオリジナル作品。ノルウェーの自然豊かな街を舞台にした、北欧神話に基づく物語。

Ragnarok

 母の故郷に引っ越すことになったマグネと弟ラウリッツ。シニアカーが立ち往生している老人を見かけ、車から降りて助けたマグネ。それを見ていた雑貨店のおばさんはマグネの額に触れ、マグネに何かが起こる… 転校先の学校では、飛び級をした弟ラウリッツと同じクラスのマグネ。ちょっと風変わりなクラスメート、イゾルデと仲良くなる。環境問題を調べているイゾルデは、氷河の水を分析するため、マグネを誘う。一緒に上り始めた2人だったが、途中で母からの電話を受け、急いで1人で帰宅。すぐにイゾルデの元へ戻ろうとするが、そこで悲劇が…

 マグネ役にデイヴィッド・スタクストン。弟のラウリッツ役にヨナス・ストラン・グラヴリ。フィヨル役にヘルマン・トムロス。フィヨルの妹のサクサ役にテレサ・フロスタ・エッゲスボ。クラスメートのイゾルデ役にイルヴァ・ビヨルコース・テディン、グリー役にエマ・ボーン。校長のラン役にシヌーヴ・マコディ・ルンド。ランはフィヨルとサクサの母でもある。夫ヴィダル役にギスリ・オルン・ガルザルソン。ヴィダルはヨツール工業の経営者?のようで、マグネの母はここの経理部に雇われたと言う設定。なのでヨツール一家はこの田舎町で幅を利かせている一家だ。

 マグネは失読症だそうで、文字がうまく読めない。体格はいいが、ちょっとぼんやりさんな感じの優しい青年だ。それに対して弟ラウリッツは飛び級したそうなので優秀? したたかでちょっとずる賢い青年。イゾルデは、氷河が溶けていることや、ヨツール工業の排水が環境に悪影響を及ぼしていると考えて独自に調査をしている。おそらくこの街のみんながそれを知りつつも、唯一の企業でありみんなの生活がかかっていることから何も言えないでいる感じだ。

 マグネはイゾルデと仲良くなり、一緒に氷河へ行くことになるが、母親から緊急呼び出しを食らい、1人で慌てて帰宅。だが戻ってみるとどうでもいいことで、イゾルデを1人で置いてきてしまったことを悔やみ、慌てて戻る。だがそこで悲劇が…

 ヨツール一家が何者なのかが次第にわかってくる。そしてマグネは自分の持つ力に気づき始める。その辺りに北欧神話が使われている。よく知らないのだが、映画にもなったソーの感じ? 

 シーズン1が6話。まだまだなんだかよくわからないので、次のシーズンに期待。

|

« [ド] コラテラル 真実の行方 | トップページ | [ド] このサイテーな世界の終わり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [ド] コラテラル 真実の行方 | トップページ | [ド] このサイテーな世界の終わり »